白桃の保存と食べ方

○白桃はとてもデリケートですので、優しく扱って下さい。
外箱を開けて、直射日光の当たらない、涼しいところで保管して下さい。
白桃は冷蔵が苦手ですので、保存は常温で涼しい部屋などにそっと置いておくようにしてください。

白桃は決して直接触らないよう注意してください。
岡山の白桃は、とてもデリケートで、箱から取り出すときなどに、ちょっと力を入れてつかむだけで、指の跡が付いてしまい、そこから茶色に変色して傷みが始まってしまいますので、優しく扱って下さい。

○白桃が届いたら早めにお召し上がり下さい
ぎりぎりまで木で熟した状態で、お届けしていますので、お届き次第お早めにお召し上がり下さい。堅くて甘味やジューシーさがなく、滴が垂れながら皮がずるずるっと大きく剥けるときは熟しすぎで、当たったところの中の方が黒くなったりしますので、お気をつけください。

桃の下側の青味(薄緑色)が消えて、同じ様な桃の色になり、表面が柔らかみを帯びて、引っ張ると皮が少し手で剥ける頃が食べごろの目安ですので、その状態の白桃からお召し上がり下さい。

○お召し上がる前に
お召し上がり前に、冷蔵庫で1時間ほど冷やすと、とても美味しく頂けます。ただし、冷やし過ぎると、甘みが減少しますのでお気を付け下さい。

岡山の白桃の香り、味、食感を心ゆくまでお楽しみ下さい。


今年の出荷予想時期

※天候、気候状況により日にちは前後します。